★臨床アロマ/病院・歯科・薬局等のアロマについてはこちら


<新型コロナウイルスに対するご質問が多いため見解を記載します>

 

アロマセラピーに使用する精油には、抗ウイルス作用のものがありますが、新型コロナウイルスに対し直接的なエビデンスは確認できておりません。そのため、一般のアロマセラピストがSNSで発信しているような「コロナウイルスをアロマで予防」ということが果たしてできるかどうかは弊社では分かりません。

 

ただ、新型コロナウイルス対策だけでなく、抗菌作用、抗ウイルス作用の精油を使いセルフケアを実施することは良いことですので精油の拡散や吸入をおすすめ致します。肘裏、衣服の手首付近、胸元に精油を染みこませたピタッとアロマは活躍します。 ピタッとアロマ®について


高齢者だけでなく重症心身障害の方にも喜んで頂けるようになっています

活躍場所は、介護施設やシニア宅への訪問だけでなく、子供達や重症心身障害の方にもアロマを通じてQOLの向上が期待出来ます。

シニアだけでなく、子どもの悩み、重症心身障害の方へも積極的に実施するようになりました。

一緒に活動したい方は是非お越し下さい。

介護アロマとは

アロマセラピーとは、植物から抽出される香りの液体(精油・エッセシャルオイル)を使い、心身のトラブルを改善したり、健康や美容に役立てていく自然療法(植物療法)です。古来から伝統療法として用いられています。 アロマはギリシャ語で「香り」セラピー(テラピー)は「治療」「療法」という意味をもち、日本語では「芳香療法」と訳されることが多いです。

 

ただ、日本では若い女性のおしゃれな趣味的なイメージ(エステなど)があるのですが、当社では高齢者や子供、健康な方の予防からすでに体や心の悩みを持っておられる方々に対して西洋医学の補助的療法の「補完代替医療」「非薬物療法」として活用することを実施しております。

当社は、医療機関への臨床アロマ導入・実施:アロマ外来等の運営(医師の管理のもと病気のケアや予防に香りを使うこと)から派生した「介護アロマ事業です」


介護・福祉アロマの対象

 

■子供から高齢者まで医療や薬では難しい慢性的な悩みを中心に香りでケアをしていきます

 

■介護される方のみではなく、介護する方々へのアロマも介護アロマで(ご家族・介護職)

 

■ヒトを対象だけにせず、介護現場の環境をととのえるのも介護アロマです(アンモニア等の緩和)


介護福祉現場へ香り(精油)の有効な使い方を習おう

お花や枝葉から抽出される精油はとっても香りがよいものです。ただ介護福祉で使う精油は「良い香り」だけではありません。いろいろな精油の作用を使って子供から高齢者の心と体を整えましょう。嗅ぐだけでよいのでは簡単です!まずは医療や介護現場で使われている精油を使ってみましょう。以下は一例です♪

子供さんでも高齢者でも風邪やインフルエンザにかかると大変です。

施設内では徹底した手洗いうがいです!

抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用など非常に有効な作用をもつ精油があります。

そのような精油立ちを空中に噴霧しておくだけで風邪対策に繋がると言われています。室内の抗菌作用を期待し、自らの免疫力アップにもつながるため日頃の健康管理に使うことができます。

認知症の予防には嗅覚へのアプローチがとてもよいと言われています。

ニオイが感じにくくなった、ニオイがわからない、食事がおいしくない、食欲がないなど鼻のチカラ、嗅ぐチカラを復活させることが出来ます。

嗅細胞は神経細胞で再生する能力をもっている細胞です。意識しながら嗅ぎましょう。

認知症やMCI対策にも有効です。すでに認知症になってしまった方への周辺症状や中核症状の改善などあちこちで良いデータがそろいつつあり!!試す価値ありですね。

認知症の原因であるアミロイドβの蓄積は睡眠と関係があると言われています。眠れない、眠りが浅い、朝早く目覚めてしまう・・など眠りに対して悩みがある方(服用中でも可)は香りの中で眠ってみましょう。当社調べでも80%以上の方に眠りの変化が見られています。

子供でも使用可能な香りを使います。

翌朝の目覚めがすっきりとし、一日の活力に繋がります。

 

自宅での介護ではニオイの問題は大きな課題です。香水のようなきつい香りでは気分が悪くなったりアレルギー症状が出る方もおられます。

 

加齢臭、アンモニア臭、便臭、たばこ臭などに対して精油だけではマスキング(ごまかす)にすぎません。

消臭+芳香ではじめて良い空間ができあがります。香りでごまかすだけのアロマではなく、施設内、家庭内、送迎の車の中などニオイの問題の場所にうまく使う方法があります

アロママッサージ・タッチケアも良い報告がたくさん

タッチケアもアロマセラピーの醍醐味です。

オイルに香り(精油)をブレンドすることにより様々な作用をもたらします。触れること(タッチ)と精油の作用により相乗効果となり、とげとげした気持ちも和らぎます。

また高齢者のむくみや冷えといった医薬品では改善しにくいような症状もタッチケアにより気持ちよく緩和されることが多くみられます。

貼るアロマシールを安価で購入できます

貼るアロマシール:ピタッとアロマ®の商品紹介はこちらから→詳細

医療・介護現場で手軽にアロマをするために生まれた「香りを貼るシール:ピタッとアロマ®シリーズ」を受講生、卒業生価格で購入可能です。そのまま代理店として販売したりオリジナル商品として販売することも可能です。

現場でディフューザーが使えない(全体への香り拡散)、集中して吸入してもらいたい方などへアプローチ、自分自身を芳香させるなど活用できます。


介護福祉アロマセラピストができること!

1.アロママッサージ

1.介護アロママッサージ

ハンド、フット、フェイシャルなど癒やしのタッチケアから体の痛みや各種認知症周辺症状へのアロママッサージが出来ます。

2,講師活動

2.クラフト講座やセミナーやイベントを開催し、楽しくアロマに触れて頂く事ができます。レクレーション、リハビリとして香りを使ったクラフト作講座です。

3,家族の介護に

3、ご自身の介護に非常に有効です。医療や介護だけでは足りないところにアロマは有効に活用することが出来ます。ご家族やお知り合いの方に喜んでいただけます



4.地域で活躍

4.地域で介護アロマ教室として講師活動ができます。行政や地域企業、近隣の施設など活動の場はたくさんあります。ヒトに伝えることができるセラピストになることが出来ます。

子供からお年寄りまで対象です。

5,ボランティア

5.アロママッサージやクラフト講座。香りを使ったケアはボランティア活動に喜ばれます。子供からお年寄り、被災地などあらゆる場所で活用できます。ちょっとした消臭芳香をするだけでも気分が和らぎます

6,イベント

6.子供から高齢者までのイベントを実施することが出来ます。

イベントを通じていろいろな方と知り合い、輪が広がり、医療や介護だけに頼らず、様々なことを発信でき、仲間作りが出来ます。

  


仕事や家庭とのバランスがとれるのが醍醐味

介護福祉アロマセラピストになろう!

 

介護福祉施設内で活躍

 

介護や福祉施設のレクレーションは昼間に実施されることが多く、家庭をもつ女性には働きやすい時間帯です。子育て、介護などの手が離れれるとレクレーション以外の介護アロマ展開をすることができるので朝から夜まで制限無く介護アロマケアが可能です。施設への介護アロマ教育としても活動しましょう。

 

 

出張・訪問アロマセラピストとして活躍

 

自宅やカフェなどの近隣の店舗などに訪問してアロママッサージやクラフト講座を開催することが出来ます。

自宅への訪問はご高齢者ご本人、ご家族へのケア、近所の方へのアロマケアが可能です。アロママッサージだけでなく、風邪予防やメンタル面など制限なく自分で考えるアロマセラピーを実施することが可能です。

時間の融通もできるので子育て中、介護中などご家庭の都合に合わせた仕事スタイルをもつもとが出来ます

 

独立・開業して活躍:高齢者専門・認知症予防サロンなど差別化することができ地域貢献にも役立ちます。

 

自宅あるいは隠れ家的店舗など介開業場所は予算等に合わせていろいろなパターンがあります。ただのリラクゼーションサロンでは差別化ができず数年後には閉店の可能性も。高齢者あるいは子供を受け入れることにおり他店との差別化もでき勉強した内容が生きています。

認知症予防に特化した「認知症予防サロンで行う脳活アロマ」など楽しいネーミングをつけてみましょう。地域で講師活動なども素敵です。


<お知らせ・新着情報>

■<注意>当社および当スクールはメディカルアロマではなくあくまでも医療の補助的療法として医師の管理のもとアロマセラピーを実施しております。医療と間違うように誘導したり医師不在のサロンや個人教室でアロマを医療行為のように実施するメディカルアロマ行為は致しません


目的・結果を期待した現場重視の授業です

比較的お元気な高齢者対象(デイサービスなど)にハンドマッサージして楽しい時間を提供するだけでなく、認知症予防や認知症ケアとして芳香療法、臨床介護アロママッサージとして様々な症状を緩和したり(BPSD、痛みなどの対応)、緩和ケアや看取りへのアロママッサージなどなど初期~重度認知症などへ可能です。ご家族へのケアが出来、お元気な高齢者のハンドマッサージだけではないのでボランティア・社会貢献や仕事の幅も広がります!

 

ひどいむくみの方、痛みがある方、しびれがある方へのアロマケア

 


足浴したり、拘縮を緩和したり、できる事は積極的にするのが介護アロマセラピストです。(病院・施設との相談のもと実施しています)


怪我をしているヒト、皮膚にトラブルがあるヒト、精神的に不安定なヒト、じっと座っていることができない、攻撃してくる、自傷行為をする・・・いろんな方々がおられます。施術だけでなく、その対応も現場でしっかり学びましょう。

※左画像:乾燥のためかきむしりあり


介護福祉アロマセラピストになろう!

癒やし、リラクゼーションのアロマに加え、認知症予防や高齢者へのアロマケアができるヒトを介護アロマセラピストと言います。通常のアロマセラピストとは異なり、介護現場へのよりより介護環境を作りあげることが出来ます。高齢者ご本人だけでなく、ご家族、介護職員へのアロマケアも可能なため、自宅、介護福祉施設等で活躍することが出来ます。もちろん介護専門のサロンも独立開業することが出来ます。国家資格取得者、介護職の方以外でも活躍できる分野なので、子育て中、子育て後などお仕事から離れている方でも十分習得できる新しい分野の資格です。

介護福祉アロマセラピストとして活躍するには

アグライア・クリニカルアロマティックラボ株式会社では、多くの医療機関や介護施設、薬局等と臨床アロマとして取引があります。

特に介護施設では1,500件の取引先があり、介護アロマセラピストたちが訪問して活躍しています。

また、介護専門サロンとして独立開業している方も大勢おられ、「認知症チェック」「認知機能テスト」「貼るアロマシール」などサロン専用の商材などを取り入れながら差別化ができています。(アロマの見える化)

 

自分で探す、あるいは自分で探すのが難しいという方は当社への登録もあります。どんどん導入施設は増えていっているのでますます活躍できる資格であると思います。

登録しよう・求人・ボランティア情報

医療・介護専門の臨床アロマを展開するアグライアクリニカルアロマティックラボ株式会社がスクール運営会社のため取引先は介護福祉施設だけでも1500件以上。

主婦やOLさんが介護アロマセラピストとして活躍しています。まずは登録してお知らせがくるように設定しておきましょう。

 

名前、アロマの経験、他校卒業の方はスクール名、年齢、住所(自宅近くの施設などをご紹介できるかも)をメールにてご連絡ください。

・社会的常識のある方

・真摯にアロマ活動に取り組んでいただける方

・メールにてご連絡ください info@aglaia-medicalaroma.com



お問合せ

メモ: * は入力必須項目です

アロマスクールの常識を塗り替えてきました!

机上の資格取得だけでなく、生きがい、社会貢献、仕事に生かせることをモットーにしているスクールです。

医療機関にアロマ外来を展開していくことから始まった会社です。

病院、クリニック内で医師の管理のもと患者様への補完代替医療として実施しています。

治療の効果を上げたり、薬の副作用を緩和したり様々な診療科目への導入実績がありますます増加しています。

臨床アロマから始まりましたが実績を買われ、介護福祉業界からもお声を頂くようになりました。

有料老人ホーム、特養、サ高住、グループホーム、老健など多岐に渡ります。